アイキララ 使い方

アイキララの効果的な使い方は?失敗しないための3つの注意点

アイキララの基本的な使い方とより効果を高めるためのワンポイントアドバイスとクマ改善に失敗しないための3つの注意点も合わせてご紹介します。

 

累計販売数45万個を突破し、50秒に1つのペースで売れている大人気商品「アイキララ」。アイキララは目元のクマ・たるみ・くぼみ・しわの改善に特化したアンチエイジング商品です。そんなアイキララですが、使い方を間違えていると十分な効果を得られません。

 

そこで今回は、アイキララの効果的な使用方法についてご紹介していきます。また、アイキララを使用する上での注意点も記載しています。現在アイキララを使っている・購入を考えているという方は、ぜひ最後までご覧くださいね!

 

アイキララの効果的な使い方を教えて!

ステップ1

まずはクレンジングと洗顔から始めましょう。クレンジング剤や洗顔料はお手持ちの物で構いません。肌を清潔な状態にしてからアイキララを利用しましょう。

 

ステップ2

洗顔が完了したらお手持ちの化粧水で肌を整えます。化粧水を馴染ませる際はゴシゴシと擦ったり、パンパンと叩いたりするのはNGです。手のひらで顔を押さえるように優しく馴染ませるようにしましょう。

 

ステップ3

手の甲に1プッシュ分のアイキララをのせ、薬指で少量ずつ目元の気になる部分に塗っていきます。アイキララを塗る際は問題の部分を中心に、トントンと優しく馴染ませるようにしてください。

 

そしてクリームが馴染んできたら、そのまま薬指の腹で外側に向かって伸ばしましょう。最後に手のひら全体で目元を優しく包み、クリームを浸透させてください。

 

ステップ4

アイキララで目元のケアを行ったら、後は乳液やクリームで肌に蓋をしましょう。乳液やクリームを塗る際もゴシゴシ塗り込むのではなく、優しく塗るよう心掛けてください。

 

上記が正しいアイキララの使用手順です。ステップを間違えると十分な効果を得られませんので要チェックですよ!

 

アイキララを使用する際の注意点とは?

メイクをきちんと落とす事

アイキララは肌を清潔な状態にしてから使用する必要があります。メイクが残っていると十分な効果を得られない可能性があるので注意してください。メイクを落とす際はマスカラやアイラインが残らないよう、きちんとオフする事を心掛けてください。

 

目元のケアはゴシゴシ擦らない事

クレンジング・洗顔・保湿ケアのどのタイミングでも言える事ですが、目元はゴシゴシ擦ってはいけません。目元の皮膚は非常に薄くダメージを受けやすいです。その為、ケアをする度に目元の肌トラブルが悪化する可能性があります。

 

ですので、目元を触る際は優しくケアする事を忘れないで下さいね。

 

オールインワンの化粧品を使う際は順番を間違えない事

オールインワンタイプの化粧品には油分が多く含まれている場合があります。その為、いちばん最初に塗ってしまうとアイキララの美容成分の浸透を妨げる可能性があります。これではせっかくの美容効果を十分に発揮できませんね。

 

よってオールインワンタイプの化粧品を使う際は、アイキララを塗ってから使用してください。順番を間違えないよう注意しましょうね。

 

正しくアイキララを使って効果を実感しよう!

今回はアイキララの正しい使用方法と注意点についてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?アイキララは「洗顔→化粧水→アイキララ→乳液・クリーム」の順で使用するのが正しいステップです。

 

これを間違ってしまうと、アイキララの効果を十分に発揮させる事はできません。ですので、ケアの順番をきちんと守ってお手入れするようにしましょう。また、上記で記載した注意点も必ず守ってください。

・メイク残りがないようにきちんとクレンジングを行う
・目元のケアは擦らずに優しく行う
・オールインワンタイプの化粧品はアイキララを塗ってから使用する

上記の3点を守ってくださいね。正しくアイキララを使用し、目元のトラブルを改善していきましょう!

 

関連記事