アイキララ 

アイキララのQ&A集

敏感肌でも使えますか?

着色料、保存料、防腐剤などは一切使用していませんので安心してお使いいただけるはずです。商品発売前に販売者さんの方でアレルギーテストも行っていますので大丈夫です。ご心配な方は、使用前に簡単なパッチテストをされてみてはいかがでしょうか。アイキララを適量手に取り二の腕の裏に塗って24時間様子を見て下さい。何らかの症状などが出ない場合にはご使用していただいても大丈夫だと思われます。少しでも症状が出た場合にはご使用を控えてください。肌に合わなかった場合には、1回のご使用後でも全額返金が使えるので申請してみましょう。

アイキララの効果的な使い方を教えて欲しい

アイキララの効果的な使い方をこっそりお伝えします。これはアイキララと一緒に送られてきた冊子に掲載されていた方法です。実際に実践してみるとなるほど手ごたえを感じましたのでご紹介します。

 

1、まずは手の甲にアイキララをワンプッシュ取ります。

 

2、次に薬指の腹でクリームを5秒間抑えます。これによりクリームが人肌に温められて浸透しやすくなります。

 

3、人肌に温まったクリームを薬指の腹でトントンと載せていき、馴染んで来たら目頭から目尻にかけてやさしく伸ばします。

 

いかがでしょうか?これが効果的な使い方のコツです。ポイントはクリームを人肌に温めることで肌への浸透力をアップする事です。最初は面倒に感じるかもしれませんが絶対にこれをやった方が効果が出やすいのでぜひ挑戦してみてくださいね。

なるべく多めに使った方が効果が出ますか?

多めに使うよりも適量の方がいいと思います。あまり多く使っても無駄になることもあるのでもったいないですね。まあ少なすぎるよりはいいかもしれませんが。適量はワンプッシュです。ワンプッシュで両目に塗り込んでください。もしどうしても乾燥などが気になる方は、一度塗ってから乾くのを待って再度塗り重ねるのは有りだと思います。

目に入っても大丈夫なの?

私も目に入った経験がありますが、すぐに水で洗い流せば大丈夫でしたよ。あわてないでゆっくりやれば大丈夫です。それでも目が痛かったりしたら念のために眼医者に行かれた方がいいと思います。アイキララのクリームはサラサラしたものではないので垂れて目に入るリスクは少ないと思います。寝ぼけている時に塗る場合は気を付けて下さいね。

中学生の子供に使っても大丈夫?

私の娘も使っているので大丈夫ですよ。でも子供の場合、目元の皮膚が大人以上に薄いこともあるので使う前にパッチテイストはやった方がいいかもしれません。

消費期限みたいなものってありますか?

新品のままの状態であれば2年間は大丈夫です。しかし直射日光が当たる場所やお風呂の脱衣場などの高温多湿になる場所は避けた方がいいでしょう。一度開封してしまった場合には2ヶ月ぐらいでは使い切りたいですね。アイキララには保存料も防腐剤も入っていないので長期間の保存はさけましょう。

どうして目元にクマが出来るんですか?

ここに回答を入力目元にクマが出来る原因は様々です。一般的に悩んでいる人が多い3つのクマについてお伝えします。
■黒クマ
黒クマの場合、加齢による皮膚痩せが主な原因だと言われています。皮膚が痩せることで目元にくぼみが出来てそれが陰になって黒クマが発生したり、目元に無数にある毛細血管が透けて見えることで黒クマが目立ってしまうことがあります。

 

■茶クマ
茶クマはが目立つ原因は、紫外線の影響や目をこすったりすることで起こる刺激によって肌内部にメラニン色素が大量に放出されてその色素が茶クマを発生させます。色素沈着によるものですね。

 

■青クマ
10代、20代の比較的若い世代に多いのが青クマです。青クマの原因は血液の滞りです。寝不足が続いたり、毎日スマホやゲームなど、目を酷使していると目元にある毛細血管の流れが悪くなってうっ血した血液が青クマを発生させます。

 

クマが出来る原因はそれぞれですが、しっかりとケアすれば十分改善する事ができますよ。

目元のクマにサプリメントは有効ですか?

サプリメントも目元のクマに効果的です。例えば茶クマの人はメラニン色素の沈着が茶クマを悪化させている原因なので、ビタミンCを効果的に摂取できるサプリメントが効果的です。ビタミンCには、「メラニンの生成を抑制する効果」「抗酸化作用」に優れているので茶クマには効果的です。

 

青クマの場合には、寝不足や目の酷使によって目元の毛細血管の流れが悪くなってうっ血した血液が黒っぽくなり青クマの原因となります。サプリメントを飲む場合、血流のが長れを良くする働きのあるビタミンEやブルーベリーなどが効果的です。

目元のクマを悪化させない方法はありますか?

ここに回答を入力目元のクマをこれ以上悪化刺さないためには、効果的なアイクリームでケアする事はもちろんですが、毎日の生活習慣にも気をつけることが重要です。例えば、青クマの人の場合、寝不足や過度な目の使い過ぎに気をつけて目元の血流を悪化させないようにするとか、茶クマの人の場合、紫外線をできるだけカットするようにしたり、目元をこすったりして刺激を与えないように気を付ける。そんなちょっとした毎日の生活習慣を見直すだけでも目元のクマの悪化を防ぐことができます。

目元をこするとクマになるって本当ですか?

そうですね。目元をこすると刺激が与えることになるので目元の肌の奥ではメラニン色素が過剰に発生します。これは外部の刺激から肌を守るための防御反応です。紫外線を浴びるとメラニン色素が発生して肌が黒くなるのと同じです。普段から目をこすることが癖になっている方は気を付けた方が良いでしょう。