目の下のクマ アイクリーム

目の下のクマ改善に効果的なアイクリームの選び方!

一度できてしまうとなかなか消えない目の下のクマ…
アイケアをしても効果が出ないとお悩みの方も多いのではないでしょうか?
それはあなたの間違ったアイケアが原因かもしれません。

 

そこで今回はそんな気になる目の下のクマを改善するためのアイクリームの選び方をご紹介します!

 

アイクリーム選びのポイント!目の下のクマの原因は?

 

目の下のクマと言っても、クマができる原因は様々で、アイケアを選ぶ時には、その原因に合った効果が期待できるアイテムを選ぶことが重要です。そのためにも、まずはあなたのクマの原因を知ることが大切なポイントです。

 

目の下のクマは大きく分けて3つの種類があります。鏡を見てあなたのクマの色を確認してみましょう。青グマ・茶グマ・黒グマのどの色に当てはまりますか?
このクマの色は、クマが生じてしまう原因によって違うのです。

 

まず目の下のクマが青に近い場合、睡眠不足や疲労、ストレスなどからくる血行不良・うっ血状態と言えるでしょう。目の周りの皮膚はとても薄く繊細なため、皮膚の内部の血液の滞りが透けて見え、クマの原因になっているのです・

 

次に目の下のクマが茶色に近い場合、肌が色素沈着を起こしている状態です。先ほどもお伝えしましたが、目の周りの皮膚はとても繊細なため、乾燥を起こしやすく肌トラブルを抱えやすい部分なのです。

 

目の周りを擦ったり、クレンジングで繰り返し摩擦したりすると、肌ダメージとなり
茶色く色素沈着してしまうのです。

 

最後に目の下のクマが黒に近い場合、目の周りの皮膚のハリや弾力が低下し、影のように落ちくぼんでいることが原因です。主にエイジングによるお悩みですが、紫外線を浴びることによっても黒グマが悪化してしまいます。

 

あなたのクマはどのタイプのクマでしたか?まずはしっかり見極めましょう!

 

目の下のクマ改善は原因に合ったアイクリームで!

 

あなたのクマの原因がわかったところで、次はどんなアイクリームを選ぶかが重要です。

 

まず目の下のクマが「青グマ」だった場合には、血行を改善する効果のあるアイクリームが効果的です。血行を促すマッサージ効果のあるケアもオススメです。

 

次に目の下のクマが「茶グマ」だった場合は、美白効果の高いアイクリームを選びましょう。擦ると更に茶クマを悪化させる原因になってしまうので、アイクリームは腹の指で優しくポンポンと押し込むように付けていきましょう。

 

最後に目の下のクマが「黒グマ」だった場合は、ハリや弾力をアップさせる効果のあるアイクリームがおすすめです。エイジングケアを取り入れることで、黒グマの目立たないハリのある明るい目元へと変化していきます。

 

目の下のクマ改善はあなたに合ったアイクリームを選ぼう!

 

今までアイケアをしてもなかなか効果が実感できなかったのは、あなたのクマの原因に合ったお手入れができていなかったのかもしれません。

 

目の周りは特に体調や気候の変化を敏感に感じ取り、肌トラブルが起こりやすく場所です。日頃から意識して、しっかりお手入れをしておくことで、クマのない美しい目元を維持することができます。

 

ぜひクマの改善、また予防のためにも、あなたに合ったアイクリームを見つけて、効果のあるアイケアを心がけましょう!